年末年始の営業のご案内

2016年も引き続きよろしくお願い申しあげます。

“日本酒百年貯蔵プロジェクト 10年目の会”参加者募集new

長期熟成酒研究会では2015年11月に“日本酒百年貯蔵プロジェクト10年目の会”を開催します。

日本酒・古酒
ランキング
new

店主が独断で選びました今日の日本酒・熟成古酒ランキングです。

 

トップ > 熟成古酒 > 麗人 超辛口5BY

麗人 超辛口5BY

麗人 超辛口5BY

拡大画像
  • 上部写真のように澱(オリ)が沈んでいますが、商品の品質には全く問題ございません。

麗人の普通酒・超辛口は白米重量の10%以上のアルコール添加を行い、非常にドライかつ端麗な熟成を目指したお酒です。

蒸したような独特の熟成香が特徴的です。 普通酒の熟成古酒は、熟成古酒の中では平均的な位置づけに思われるがちですが、飲み方やTPOによっては非常に面白い提案ができます。
たとえば、このお酒にウニを合わせた場合ですが、ウニの塩漬けは塩気と甘み、コクを強く感じます。対照的に新鮮な生のウニの場合には淡白な甘みを非常に強く感じます。
このように新鮮なウニとこのお酒を合わると今までの古酒とは違った新しい古酒の味わいの世界が開けるでしょう。ぜひお試しください。

原材料名 米・米麹・醸造用アルコール
内容量 720ml
アルコール分 14度
製造年月日 製造年月日 2012年9月

麗人酒造株式会社 (れいじんしゅぞう)/蔵元紹介

麗人酒造さんが創業したのは、寛政元年(西暦1789年)だそうです。日本史的には松平定信が活躍していたころ、ヨーロッパではフランス革命が勃発し、アメリカ合衆国では憲法が制定されジョージ・ワシントンが初代大統領に就任しましたころになります。

麗人酒造株式会社の蔵の建物の一角には、創業当時の大黒柱が今でも残っているそうです。この大黒柱には、酒造りの神様として知られる京都の松尾大社の銘が入っています。これにより、この大黒柱は、麗人が二百余年続く造り酒屋である事実を証明する、歴史的な物証ともなっているそうです。

麗人の仕込み水は井戸水が使われています。霧ヶ峰高原(海抜約1900メートル)に降り注いだ雨が、非常に長い時間をかけて地中で浄化され、伏流水となって流れ込んでおります。麗人の蔵の中の井戸には、その伏流水が、毎分150リットルあまり、止むことなく涌き出ているそうです。

麗人酒造さんが意識的に古酒の蓄積を始めたのは、昭和47年(1972年)のことだそうです。それから今日まで、長い時間をかけた成果が麗人の古酒の味わいに結実しています。

諏訪の美しい古酒「麗人」を是非ご堪能ください。

製造元 : 麗人酒造株式会社
価格 : 5,400円(税込)
720ml
数量
 

長野県諏訪市

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品もチェックしてます。

達磨正宗 本醸造酒 昭和57年醸造酒

達磨正宗 本醸造酒 昭和57年醸造酒

4合 720ml

43,200円(税込)

百楽門 純米無濾過原酒 大古酒 魚龍変化

百楽門 純米無濾過原酒 大古酒 魚龍変化

4号 720ml

2,700円(税込)

紅趣 純米酒 平成15年仕込

紅趣 純米酒 平成15年仕込

15,120円(税込)