年末年始の営業のご案内

2016年も引き続きよろしくお願い申しあげます。

“日本酒百年貯蔵プロジェクト 10年目の会”参加者募集new

長期熟成酒研究会では2015年11月に“日本酒百年貯蔵プロジェクト10年目の会”を開催します。

日本酒・古酒
ランキング
new

店主が独断で選びました今日の日本酒・熟成古酒ランキングです。

 

トップ > 熟成古酒 > 菊姫大吟醸

菊姫大吟醸

菊姫大吟醸

拡大画像
  • 化粧箱に若干汚れがあります。

加賀菊酒の由来を栞から引用して説明いたします。
“つつじつばきは青山てらす 加賀の菊酒かほてらす”ともみすり唄にうたわれ、
全国にその名を知られる鶴来の菊酒の伝統に深くはぐくまれた秘蔵銘酒ーこれが菊姫大吟醸です。

吟醸酒というのは、もともと市販を目的としたものではなく、毎年新酒ができたとき、酒造技術の錬磨のために
行われる品評会(国税庁醸造試験所主催全国新酒鑑評会)用として少量だけを特別に吟味して醸られるもので、
いわば酒の芸術品といえるものなのです。

菊姫大吟醸は、大粒で心白のある最高級の酒造米「山田錦」の玄米を50%にまで精白したものと、低温で短時間に造った若い麹だけを
原料として、酵母が生育できるぎりぎりの低温度(10〜11℃)でじっくりと発酵させて譲ったものです。
仕込みには、冬の厳寒の一時期を選び、精米以外には一切機会を用いず、長年の経験にうらうちされた杜氏・蔵人の昼夜を通じての手造りによってなされます。
このお酒は、滑らかな舌ざわりとデリケートで上品な味わいとともに、デリシャスのような果実香ににた芳香が楽しめるところに特徴があります。

菊姫大吟醸は、1969年品評会に初出品し金賞を受賞して以来、多年受賞に輝き、さらに技術研鑽をかさね、豊かに熟成させた美麗な味を保ちつづけております。
白山の清流の音を耳に、ゆっくりとこの酒の芸術品をお楽しみください。

原材料名 米・米麹・醸造アルコール
容量 720ml
原料米 兵庫県吉川町産特A山田錦100%使用
アルコール分 17度以上18度未満

菊姫合資会社の吟醸酒について

古くから「加賀の白山の菊谷より流れ出る菊沢川の水にて醸す、この沢の両岸に黄菊ありと言ふ。
加賀の国金沢の南四里鶴来町の酒屋より売出せる名酒の名」(大言海)と云われている菊酒は、連綿一千有余年の伝統を誇り、
奈良以来白山宮の神酒として醸造され、すでに室町時代には加賀菊酒(菊姫の古称)と呼ばれ、京師の公卿間で賞翫(しょうかん)されたことや
豊太閤の醍醐の花見に登場したことは史乗で明かである。
降って江戸時代には加賀藩の保護酒として、又、徳川幕府の巡見上使からもしばしば愛用をこうむった。
このように風味卓越をもって、遂に天下の銘酒となった鶴来の菊酒は、
“加賀の菊酒 一つはまいれ そなたのませと とりよせた”
など諸国の民謡にまで慕われ、江戸時代では菊酒のお菊と幸助のつや物が幾度か上演されている。
現今の“菊姫(菊酒)”は、かつて県下一の酒造高七千石に及び、宮内省御用達の光栄に浴していた。
近時は古来の手法を守り、極寒手造りに徹した醸造をして、その芳醇な味覚はひろく愛飲家の嗜好に適し、
需要は年々増加の一途をたどっている。
特に今日の菊姫は、醸造界の最高の権威国税庁醸造試験所主催、全国清酒鑑評会に於いて金賞を連続受賞、
その旨さと香りは文字通り日本一の折り紙つき、名実共に最高の銘酒とご好評を賜っている。

製造元 : 菊姫合資会社
価格 : 43,200円(税込)
数量
 

石川県

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品もチェックしてます。

寝越庵 南部美人 全麹仕込 2010

寝越庵 南部美人 全麹仕込 2010

1升 1800ml

7,560円(税込)

浅黄水仙(あさぎすいせん)

浅黄水仙(あさぎすいせん)

300ml

756円(税込)