年末年始の営業のご案内

2016年も引き続きよろしくお願い申しあげます。

“日本酒百年貯蔵プロジェクト 10年目の会”参加者募集new

長期熟成酒研究会では2015年11月に“日本酒百年貯蔵プロジェクト10年目の会”を開催します。

日本酒・古酒
ランキング
new

店主が独断で選びました今日の日本酒・熟成古酒ランキングです。

 

トップ > 熟成古酒 > 達磨正宗 昭和53年醸造酒

達磨正宗 昭和53年醸造酒

達磨正宗の白木 善次社長は昭和53年ごろには、どのようにすれば旨い熟成古酒になるのか核心を得ていたようです。

達磨正宗の昭和46年から63年までは「辛」「旨」「甘」「酸」の4つのローテーションで作られていました。ご紹介の53年の達磨正宗は辛口のお酒になります。

では、なぜ4つのローテーションだったのでしょうか?
それは将来を見据えた戦略に基づいた計算からこの4つローテーションを考えられたそうです。つまり、日本酒の味にはその時代によってブームがあります。甘口が人気の時代があれば、辛口が人気の時代もあります。こうした市場の嗜好に対応するため、どんなニーズにも対応できるようにするのが、白木社長が自らに課したミッションの1つでした。

今から考えるとこの4つローテーションはとても合理的で、現在の古酒メーカーの1つの指針になるのではないでしょうか。

当時の白木社長は「月桂冠」さんの技師にも吟醸酒の将来、古酒の将来の話を聴いて学ばれたそうです。そうした知識の積み重ねが現在の達磨正宗の基礎になっているのです。

ちなみ昭和53年醸造の達磨正宗は、先に述べたとおり、辛口のお酒です。
特に川魚の佃煮や、ウナギの蒲焼など相性が良かったです。

とても余韻の長い熟成香が特徴で、カラメル香りの中に金木犀や紅茶の香りにも会うことができます。

「酒好きは熟成古酒に行きつく。」この言葉どおり、1度チャンスがあれば召し上がっていただきたお酒です。

原材料名 米・米こうじ
内容量 720ml
アルコール分 16度以上17度未満

合資会社白木恒助商店(しらきつねすけしょうてん)/蔵元紹介

達磨正宗(白木恒助商店)の創業は天保6年(江戸時代)です。坂本竜馬や大河ドラマで有名な「篤姫」が生まれた年に創業し、当時から岐阜市門屋門で酒造業を営んでいる老舗の蔵元です。

白木恒助商店さんが古酒造りに取り組み始めたのは昭和40年代でした。大手の安い日本酒が各地に参入してきた頃、差別化を図るために六代目は「古酒で勝負しよう」と考えたことから始まったそうです。

「古酒」は皆さんにお召し上がりいただくまでに何年も何十年も時間がかかります。白木恒助商店さんは手探りの中で試行錯誤を重ねながら35年超ー「古酒」に社運を全て賭け、懸命の企業努力を続けられてきました。

日本が世界に誇る伝統文化、熟成古酒は海外の方にも飲んでいただけるようになりました。熟成した日本文化たる長期熟成酒・達磨正宗を是非お召し上がりください。

製造元 : 合資会社 白木恒助商店
価格 : 43,800円(税込)
4合 720ml
数量
 

岐阜県岐阜市

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

この商品を買った人はこんな商品もチェックしてます。

菊の司 大吟醸 秘蔵酒 平成5年度産酒

菊の司 大吟醸 秘蔵酒 平成5年度産酒

21,600円(税込)

古今(こきん)木戸泉

古今(こきん)木戸泉

16,200円(税込)

篠峯 15年熟成

篠峯 15年熟成

4,320円(税込)